現在位置 : ホーム > 製品 > 点字編集システム > よくあるご質問 > サポート情報

よくあるご質問(サポート情報) - 点字編集システム -
ケージーエス社製 点字ディスプレイ「ブレイルメモBM32」は利用できますか?

はい。ブレイルメモBM32をご利用いただけます。
使用する際は、ブレイルメモBM32側の「ディスプレイモード」を「ブレイルノート46C/46D互換モード」に設定してください。

設定方法や利用方法にいくつか注意点があります。
ご利用にあたっては下記の詳細情報をご参照ください。

■ 1.接続方法

ブレイルメモBM32とパソコンは、ケージーエス社提供のデバイスドライバを使用し、本機器の説明書にしたがって正しく接続してください。
その際、接続に使用されたCOMポート番号を確認してください。このCOMポート番号は、点字編集システムの接続設定で利用します。

■ 2.点字編集システムの接続設定

点字編集システムを起動し、メニューの中の「設定」の中の「点字ディスプレイ設定」を開き、次のように設定してください。

  • 点字ディスプレイ名:「ブレイルノート46C」または「ブレイルノート46D」
  • COMポート番号:ブレイルメモBM32で使用しているCOMポート番号(※)
  • ボーレート:9600(※)
  • フロー制御:「ハードウェア」(※)

※ 通信設定は一般的な設定を示しています。

■ 3.ブレイルメモBM32のディスプレイモード設定

点字ディスプレイとして使用する際は、必ずディスプレイモードに切り替えてご利用ください。 ディスプレイモードに切り替えるには、ディスプレイ前面、1・2・3のキーを同時に押します。
手帳モードに切り替えるには、前面、2・3・4のキーを同時に押します。手帳モードでは点字編集システムの表示は行えません。

また、ディスプレイモードでは「ブレイルノート46C/46D互換モード」を設定してください。

■ 4.33マス目以降の確認方法

点字編集システムが出力する1行のデータは、46マスです。
A4レイアウトのデータ閲覧時の33マス以降とステータス表示、および、B5データ閲覧時のステータス表示を表示するには、ブレイルメモBM32の上面の左右に配置されている、小指1ボタンと小指2ボタンを操作し、行の表示位置を切り替えます。

表示が33マス以降に切り替わっている状態で、B5レイアウトのデータを受信しても、自動的には切り替わらず、ステータス文字以外表示されません。 その場合は、適宜、小指ボタンを操作し、行前半部分を表示して本文を閲覧してください。

■ 5.その他のキーについて

ブレイルメモBM32 方向キーの左右は文字移動、上下は行移動です。前面キーは、いずれを操作しても改行が挿入される動作となりますので、注意してください。

ブレイルメモBM32の設定および操作方法については、点字ディスプレイ機器の説明書をご確認ください。