現在位置 : ホーム > 製品 > 点字編集システム > よくあるご質問 > サポート情報

よくあるご質問(サポート情報) - 点字編集システム -
キーボードが6点入力可能か確認する方法

6点入力を行うには、ご利用になるパソコンが「FDSJKL」など6点入力でお使いになる6個のキーを同時押し可能なキーボードである必要があります。同時押しが行えないキーボードでは6点入力が行えません。

ご利用のキーボードが6点入力可能かどうかは、以下の方法で確認できます。

確認方法

6点入力が可能なキーボードの場合、Windows付属のメモ帳などテキスト編集ができるソフトウェアで、「FDSJKL」など6点入力でお使いになる6個のキーを同時に押していただくと、順不同で、一度に「dsfjkl」の6個の文字のみが入力されます。

「dsf」や「jkl」としか入力できない場合は、ご利用のキーボードが6点入力に対応していません。

さらに、上記の操作を(1秒間に3〜4回以上の間隔で)連続して操作しても、押した回数分だけ、6個の文字が入力できることを確認してください。

また、上記の操作をした場合にカーソルが6個の文字の最後(末尾)あること(※カーソルが前の文字や次の文字、上の行や下の行、行末や行頭、ファイルの先頭や末尾等に移動しないこと)、そして、機種特有の機能(画面回転等)が働かないことを確認してください。